臨床について

臨床について

❏附属病院脳神経外科のページへ❏

●群馬大学医学部脳神経外科●

当科は北関東地域の脳神経外科の草分けとして長い歴史があり、脳・脊髄疾患の外科的治療に幅広く対応しています。特に治療の困難な脳腫瘍、脳血管障害に対しては、脳脊髄機能のモニタリングを行いながら正確で安全な手術がおこなわれ、患者さんへの侵襲をできるかぎり少なくするように血管内手術も積極的に取り入れています。また、パーキンソン病に代表される運動異常、薬物治療では改善しない痛みやてんかんに対しても、最新の神経科学に基づく治療をおこなっているのも特色のひとつです。又、脳卒中センターにおいて、脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞などの脳卒中にも24時間対応しており、高いレベルの医療をいつでも皆様に提供できるように努力しています。

 

●診療スタッフ●

教 授 (診療科長)

好本 裕平

Yuhei Yoshimoto

准 教 授

平戸 政史

Masafumi Hirato

講  師

登坂 雅彦

Masahiko Tosaka

医学部内 講 師

藍原 正憲

Masanori Aihara

清水 立矢

Tatsuya Shimizu

堀口 桂志

Keishi Horiguchi

本多 文昭

Fumiaki Honda

助  教

田中 志岳

Yukitaka Tanaka

宮城島 孝昭

Takaaki Miyagishima

長岐 智仁

Tomohito Nagaki

山口 玲

Rei Yamaguchi

大澤 匡

Tadashi Ohsawa

中田 聡  (医員)

Satoshi Nakata

    ●専門外来●

    <脳血管障害>
    高齢化社会の到来で、日本人の三大死因の一つである脳血管障害の重要性は益々高まっています。クモ膜下出血、脳内出血は外科治療の対象となることが多く救急患者に幅広く対応しています。クモ膜下出血に対しては、開頭クリッピング術とコイル塞栓術の適応を慎重に判断し最適な治療を提供できるよう努力を重ねています。脳梗塞の急性期治療には24時間体勢でt-PAを使用できる体勢を整えています。脳梗塞の再発予防に関しては、内科的治療(抗血小板剤)のみでは再発が危惧される患者さんに対し、頸動脈内膜切除術(CEA)や頸動脈ステント(CAS)を施行しています。また未破裂脳動脈留、脳動静脈奇形(AVM)、モヤモヤ病などの治療に関しても幅広く相談に応じています。
    診療担当医:好本、清水、藍原

    <良性脳腫瘍>
    良性脳腫瘍は表在性の腫瘍であれば手術治療によって比較的良好な予後が期待できます。
    一方、脳深部(頭蓋底)に発生した場合は手術が困難なことも多く、治療に際し慎重な態度が求められます。当院では、髄膜種、下垂体腫瘍、聴神経腫瘍、頭蓋咽頭腫などの良性脳腫瘍の治療に幅広く対応しています。下垂体腫瘍に対しては内分泌内科と連携して内分泌学的評価を行った後、内視鏡による経蝶形骨洞的手術を施行しています。聴神経腫瘍に対しては神経機能温存のためのモニタリング下での手術を行います。また、近年、画像診断機器の普及に伴い無症候性腫瘍が発見されることも多く、画像フォロー、手術治療、定位的放射線治療(ガンマナイフなど)などの選択肢を説明の上、個別の相談に応じています。
    診療担当医:好本、登坂(下垂体)、田中

    <悪性脳腫瘍>
    神経膠腫(グリオーマ)を中心とする悪性脳腫瘍は脳組織に浸潤性に発育するため、治療に困難を伴います。当院では通常のCTやMRIに加え、核医学検査(FDG-PET、FAMT-PET)や磁気共鳴画像(MRI、MRS、fMRI)などの診断機器を駆使して術前診断を行い、それをもとに治療戦略をたてています。手術は神経機能の電気生理学的モニターをはじめ、ナビゲーションシステム、術中蛍光診断を行い、手術の安全性の確保と摘出率の向上の両立に努めています。術後は、腫瘍組織の正確な病理診断に基づき的確な補助療法(化学療法、放射線療法)を選択しきめの細かい治療を行っています。病理医、放射線治療医などとの綿密な連携により治療成績の向上に努めています。
    診療担当医:堀口、大澤

    <機能的脳神経外科>
    パーキンソン病、不随意運動、難治性疼痛、てんかんなどを対象とした診療を行っています。パーキンソン病では激しいふるえ、薬の効果減弱による動きの悪さ、薬の副作用による異常運動に対し、電極を用いた精緻な手術を行っています。脳卒中後などに生じた疼痛は薬が効きにくく治療の難しい疾患ですが、同様の手術や脳脊髄の電気刺激やガンマナイフを用いた治療を行っています。薬物療法に抵抗性の難治性のてんかんに対する治療に取り組んでいます。とりわけ、側頭葉てんかんに代表される局在関連てんかんには、ビデオ・脳波モニタリング、脳磁図、頭蓋内電極法などを駆使して解析の上、外科治療を行っています。三叉神経痛、顔面けいれんなどには神経血管減圧術を行っています。
    診療担当医:平戸、好本(三叉神経痛、顔面けいれん)、宮城島、田中

    <脊髄・脊椎疾患、末梢神経疾患>

    脊髄変性疾患(頸椎・腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症状など)、脊髄腫瘍(悪性・良性)、脊髄血管障害(脊髄血管奇形、脊髄梗塞、出血など)、先天奇形(キアリ奇形など)、脊髄外傷などの脊髄・脊椎疾患全般に対して、外科的治療(顕微鏡手術)、保存的治療(内服治療や各種ブロックなど)を行っています。また、手根管症候群、足根管症候群などの末梢神経疾患も治療対象としています。
    手足の痺れや痛み、腰・背中の痛み、首の痛み、歩行障害、簡欠性跛行などの症状に対して幅広く相談に応じます。
    診療担当医:本多

    <頭部外傷、小児脳神経外科など>
    それ以外にも、頭部外傷、小児脳神経外科(先天奇形)などの脳神経外科疾患に幅広く対応しています。

    ログイン

    トップへ戻る

    Copyright(c) 2015 Gunma University All Right Reserved.